包茎手術の恐怖

包茎手術無料カウンセリングの内容がぶっ飛ぶ恐怖体験談!苦痛でからうめく声!?

ゼファルリンでペニス増大を考える人の中には、同時に包茎で
悩んでいる方も結構いるのではないでしょうか?

 

実際、私自身も以前は軽い仮性包茎で悩んでいました。

 

包茎手術,恐怖,体験談

 

今では、ゼファルリンの増大効果のおかげもあり、ペニス増大
と共に、わずかに抵抗していた仮性包茎の方も完全に解消して、
ある意味どこに出しても恥ずかしくないと思えるペニスになしました。

 

しかし、今より若い十代中盤から後半にかけての時代には、
サイズの悩みはあっても、

 

まだ成長期だし背が伸びるようにペニスも大きく成長してくれる
はずだと、ほっておいても自然に成長して仮性包茎も勝手に解消
されるだろうという事に期待が充分持てました。

包茎手術,恐怖,体験談

なので、当時は仮性包茎であることを隠すことなどに
苦心していて、心の中ではサイズの事より包茎の悩み
の方が大きなウエイトを占めていました。

 

そんな中亀頭のカリ首の裏側に白い小さなポツポツがたくさんできて
それも気になり、たぶん雑誌の最後のページなどによくある
包茎専門クリニックの無料相談に申込みしたのです。

 

そして、そこで信じがたい恐怖の体験をしたのです。

 

 

 

包茎施術の無料診察(相談)での恐怖体験!

 

 

包茎手術の恐怖の体験と書きましたが、この出来事は
本当にあった真実ですが、かなり昔の話です。

 

そしてもう一つ、恐怖体験実際にしましたが、本当に一番怖い目を
見たのは私自身ではありません。

 

それでは、記憶を頼りにその真実をできるだけ詳しく書いていきます。

 

確か、自分のペニスのカリ首の裏側に白い小さなポツポツとしたデキモノ
ができたのをキッカケに背中を押されて、包茎手術の無料診察相談に
もう仕込みました。

 

たぶん、ペニスにそのような異常がなければ、包茎は気にってたものの、
恥ずかしさや面倒さなどで無料カウンセリング(無料診察は)には
申込みしていなかったと思います。

 

包茎手術クリニックへ

 

 

包茎手術の無料相談&診察に勇気をだして、申し込んでから
連絡があり日程を決めて当日電車で向かいました。

 

電車でクリニックのある駅でおりて、包茎クリニックの入っている
雑居ビルのエレベーターに人目を気にしながら乗り込んだのを
覚えています。

 

包茎手術の無料カウンセリングは予約製なのでスムーズに
診察室に通されます。

 

診察室と言ってもビルの大きなフロアーをカーテンなどで仕切った
簡易的なものです。

 

ここで、少し恥ずかしいですが実際にペニスを見せて
包茎と白いデキモノについて相談したと思います。

 

思いますというのは、過去の事で記憶が薄れていると
いう事もありますが、それ以上にとても衝撃的な体験
したため、

 

当時でも自分の包茎相談カウンセリングの内容が
飛んでしまうようなビックリするような出来事に
遭遇したのです!

 

 

肝心の包茎のカウンセリング内容がぶっ飛ぶ恐怖体験!

 

 

 

ある意味では、ゼファルリンでペニス増大を考える今まで、
包茎手術という選択肢がないと判断していた原因は
この体験があるからです。

 

なので、この恐怖の出来事が起こって以降は、無料カウンセリングで
何を話したか?自分の包茎やデキ物の悩みにつて、クリニックの
担当医が何を言ったのか一切思えていません。

 

それくらい、この出来事以降 包茎手術をすることは絶対無い!
早くこの場から帰りたいと思うほどだったからです。

 

 

包茎手術の無料カウンセリングでの恐怖!

 

 

 

この出来事は、本当に衝撃的でした。

 

一瞬でこのクリニックでは、いや仮性包茎の悩みを解消する手段として
包茎手術はあり得ないと一瞬で思わせ出来事とは次のような事です。

 

無料カウンセリングで自分の悩みを話しているときに担当者がしばらく
席を外した時にそれは置きました。

 

それは。。。

 

隣のブースから聞こえてきたのす。

 

何が聞こえて来たかというと、

 

医者と思われる人と患者と思われる人の「いたぶられているのでは?」
というような会話?というかやり取りです。

 

すこし、記憶が不鮮明な部分もあり、また 音だけ聞いただけで
見たわけでもないし、表現が難しく伝わるかわかりませんが。
書いたてみると

 

医者:「これは!」とペニスに何かしている様子。

 

患者:「はっ!そこは。。。はっはっ」と痛そうな息づかい・

 

医者:「じゃあ こうは?」 何か道具が動くような金属音で 上からというか いたぶってるのか?と思える口調

 

患者:「いやそれは!。。。はっはっ」 勘弁してくれというよな痛そうな感じと 息づかい

 

 

自分の中にははっきり そのやり取りの雰囲気やニュアンスがハッキリ
あるのですが、表現があまりうまくできませんが、このような「いたぶられている?」
と感じるやり取り、と音が仕切りのカーテンを通して聞こえてきたのです。

 

伝わりにくいが何を感じた書くと

包茎手術,恐怖,体験談

 

ちょと文章で表現するのは難しいのですが、要するに何を感じたかというと。。。

 

上から見下した感じで、思いやりもなく いたぶられているかのような

 

 診察なのか?手術なのか? が行われているのを感じたということです。

 

これは、直接目視したわけでもないですし、ちょっと信じがたいような部分も
ありますが、私自信があの時体験して感じた真実です。

 

自分の感じたことだけを誤解を恐れずにかけば、

 

傷口を弱みに、もてあそぶように わざと痛い処置をいたぶりながらしている。。。

 

そう感じたのです。

 

そんな事、今考えても信じがたい人もいるかもしれませんが、
それが、あの日あの時 その包茎手術専門のクリニックのカウンセリング中に
体験した恐怖の出来事です。

 

全ての包茎クリニックでそうでは無いかもしれません。

 

というか、まともなクリニックがほとんどカモしれませんが、私自身が体験した
あの、痛そうで苦しそうな声と、思いやりの無い いたぶるような声の
やり取りを聞いたのは、まぎれもない真実です。

 

増大手術を選ぶならクリニック選びはよほど慎重に!万一のリスクは高い

包茎手術,恐怖,体験談

 

あなたが包茎に悩んでいて包茎クリニックで手術するのを止める気は
ありません。

 

また、真正包茎やカントン性包茎であれば、ゼファルリンなどの増大サプリの
効果で、包茎を解消するのは無理でしょう。

 

だから、私が言いたいのは、もし増大でも包茎でも手術をするのであれば、
病院やクリニック選びは慎重にしたほうがいいです。ということです。

 

包茎専門クリニックだから、医者だから、プロだからという安易な感がは危険です。

 

また、仮性包茎の解消であれば、増大の副産物(副作用?)で仮性包茎から
完全に解放された私からいえば、ゼファルリンいいというのが個人的な意見です。

 

まあ、有効な効果のある増大サプリであれば、ゼファルリンでなくてもいいかとは
思いますが、私には絶大に効果があったのでゼファルリンを推すしているだけです。

 

 

 

 

>ゼファルリンガチ口コミTOPへ戻る